検索
  • Yoshimi Ueda

【10/24(日)オンラインイベント】子どもの才能が輝く21世紀の教育とは?〜親が知るべき10の新常識〜

更新日:10月11日




2021年も残すところ3ヶ月。来年度お子様の保育園/幼稚園・小学校入学を控えているママ・パパ、お子様の今後の進学について悩まれているママ・パパも多いかと思います。

また、昨年から始まったポストコロナ社会は、子どもの教育を見直す大きなきっかけになったことは間違いありません。

将来子ども達の働き方は、私たちとは全く違うものとなり、今までにないほど教育について世界中で議論が起こっている昨今。子どもにとって何がベストな教育か迷われている保護者の方も多いと思います。


しかし、コロナの影響もあり、ママ友・パパ友との情報交換の機会も格段に減ってしまったのではないでしょうか?

そこでKodomoEduは、そんなママ・パパの悩みを少しでも解消できるよう、教育界のプロフェッショナルの方達とともに、「子どもの才能を輝かせる21世紀の教育」について、皆様に知ってもらいたい”10の新常識”をオンラインイベントにてご紹介します!


登壇者の皆様は、教育界のプロフェッショナルと同時に、お子様を持つ保護者でもあります。教育関係者として、また最新の教育事情を熟知している保護者の立場として、彼らは子どもにとってあるべき教育をどう考えているか?そこから学ぶ新常識を、皆様の子育てやご家庭の教育方針に生かして頂ければ本望です。

是非、多くのママ・パパと共に、これから子ども達にとって本当に大切なことを見出してていきたいと思います。



【オンラインイベント】子どもの才能が輝く21世紀の教育とは?

〜親が知るべき10の新常識〜


チケット購入


【日程】10月24日(日)①10am-11am、②1pm-2pm、③5pm-6pm

【概要】

[ 第①部 ] 10:00AM 〜 11:00AM 

【子どもが本当に変わる家庭教育】(レッジョ・アプローチ流の家庭教育 )

 アレッサンドラ・ミラーニ X  Kodomo Edu 上田佳美

[ 第②部 ] 1:00PM 〜 2:00PM

【今世界で求められている力: 世界最先端の教育】

 竹村詠美 X  Kodomo Edu 上田佳美

[ 第③部 ] 5:00PM 〜 6:00PM

【10歳までにつけたい力】〜将来を左右する身につけるべき力とは

 高橋一也 X  Kodomo Edu 上田佳美


【詳細】

[ 第①部 ] 10:00AM 〜 11:00AM

「【子どもが本当に変わる家庭教育】(レッジョ・アプローチ流の家庭教育 )」

(おすすめ:0歳〜6歳のママ・パパ)

Kodomo Eduの上田が、レッジョ・アプローチを取り入れた家庭教育についてお話します。Googleやディズニーの社内幼稚園で採用されている事でも注目されているレッジョ・アプローチ。子どもの自立を促し、自制心や創造力を育むこのアプローチを、家庭でどう取り入れることができるかご紹介します。(「6才までに育むべき能力」、「子どもが自然に賢く育つ家庭環境とは?」etc...)

合わせて、文藝春秋より出版の「レッジョ・アプローチ」著者、アレッサンドラ・ミラーさんによる、オンラインワークショップも行います。


上田 佳美(うえだ よしみ)

慶應義塾大学卒業。20代でウォルト・ディズニー・ジャパンに入社。モバイルコンテンツのプロデューサーとして従事し、ディズニーの “最高のモノづくり”、”最高のチームを作る ” 文化に多くを学ぶ。その後映画業界で、世界で認められる日本人のクリエイター達と出会い、日本人の創造性に興味を持つ。2016年レッジョ・エミリアのアプローチと出会い衝撃を受け、サマースクールなどの開催を経て、2019年東京・中目黒に本格的なレッジョ・アプローチを目指すKodomo Edu International Schoolを創設。


アレッサンドラ・ミラーニ

イタリア出身。母国で幼児教育と学童教育を学び小学校教員の資格を取得。スペインとアメリカの大学院に進学後、縁があって日本に来日。在日イタリア人向けのスクールを立ち上げ、校長・教師を務める。執筆した「レッジョ・アプローチ」(文藝春秋出版)は、Amazonの教育本カテゴリーでも1位を獲得し話題になった。




[ 第②部 ] 1:00PM 〜 2:00PM

【今世界で求められている力: 世界最先端の教育】

(おすすめ:未就学児〜中学生のママ・パパ)

昨年発売され話題となった本「新・エリート教育〜混沌を生き抜くためにつかみたい力とは?〜」の著者、竹村詠美さん。世界が教育について議論するきっかけとなった映画「Most Likely To Succeed」の日本での上映も主宰し、常に世界の教育現場を訪れ研究されている竹村さんが見出す、これからの子どもに必要な能力とは?世界最先端の教育動向を見ながら、今世界で求められている能力についてお話しいただきます。


竹村 詠美 (たけむら えみ)

一般社団法人 FutureEdu 代表理事、一般社団法人 Learn by Creation 代表理事、Peatix.com 共同創業者、Most Likely to Succeed 日本アンバサダー マッキンゼー米国本社や、日本のアマゾンやディズニーなど外資系7社を経て、2011年にPeatix.com を共同創業。2016年以来グローバルなビジネス経験を生かした教育活動に取り組み、教育ドキュメンタリー映画「Most Likely to Succeed」上映・対話会の普及、「創る」から未来の学びを考える祭典「Learn by Creation」、学習者中心の教育実践者に向けた研修「ブリッジラーニング」など、学びに関わるヒトが、先端的な学びに刺激を受けながら、自ら考え、仲間と行動することを応援している。2020年夏に5年間の先端教育現場視察やリサーチからの学びを凝縮した『新エリート教育 ~ 混沌を生き抜くためにつかみたい力とは?』(日本経済新聞出版)を上梓。 クリエイティブリーダーを育むための、学習者中心の学びやホール・チャイルドを育む環境をテーマに活動中。総務省情報通信審議会委員など公職も務める。経済産業省の未来の教室での研修採択実績。講演や執筆も多数。 慶應義塾大学経済学部卒 | ペンシルバニア大学ウォートンビジネススクール修士卒|ペンシルバニア大学国際ビジネス修士卒


[ 第③部 ] 5:00PM 〜 6:00PM

【10歳までにつけたい力】〜将来を左右する身につけるべき力とは

(おすすめ:未就学児〜小学生のママ・パパ)

レゴを使った新しいプロジェクト学習を取り入れ、中高生の子ども達の能力を引き出す教育を実践し、教育界のノーベル賞「グローバル・ティーチャー賞」に日本人で初めてファイナリストにノミネートされた高橋一也先生。世界中の一流教師達とも交流を持つ高橋先生が、子どもの認知能力・非認知能力を育む重要な時期である10歳までの教育について、私たち親が知るべき大事なことをお話し下さいます。


高橋 一也(たかはし かずや)

神田外語大学言語メディア教育研究センター客員講師(常勤)。慶應義塾大学大学院、米・ジョージア大学大学院でインストラクショナルデザインを研究(全米優等生協会選出)、蘭・ユトレヒト大学大学院で認知心理学を学ぶ。2008年より都内の私立学校の英語教諭として勤務し、2016年度より工学院大学附属中学校高等学校で教頭を務める。2016年には日本人として初めてグローバル・ティーチャー賞の最終候補に選出される。現在、日本全国の学校で授業力向上の支援にも力を入れている。




【チケット料金】 全参加(第①部・第②部・第③部): 1,500 yen

単発参加(第①部のみ・第②部のみ・第③部のみ):1,000yen

※ チケットをご購入された方には、後日録画配信もいたします。(閲覧期間限定)


チケット購入


※お問合せやご質問は、info@kodomo-edu.com までお願いいたします。


皆様のご参加をお待ちしています!!

子ども達の未来のために、私たち保護者が出来る事を一緒に考えましょう!



Kodomo Edu International School

上田 佳美

117回の閲覧0件のコメント